交通事故の後遺障害の等級認定とは

交通事故の被害に遭い、入院や通院をしていても、症状が中々治らず、これ以上回復が見込めないと判断され、治療が進展しなくなってくる事があります。こうなると、症状固定という診断が下りる事があり、症状固定となると、その後の通院や治療にかかった費用が、保険会社から降りなくなってしまい、その後の治療にかかる費用はすべて自己負担となります。

治療の進展が見込めなくなった場合、症状固定という診断がおりますがそうなった場合、保険会社からは治療費などの支払が打ち切りになります。そのため、まだ治療の余地があるという場合は、中々症状固定という診断には至りませんが、日ごろの診察からしっかりと医師とのコミュニケーションをとって、自分の症状を伝えておくことが重要です。しかし、症状固定となり、後遺症としてまだ痛みが残っていたり、耳が聞こえにくいなど、なんらかの後遺症が残っていて生活に支障を期待しているという場合、後遺症の診断書を作成してもらい、後遺障害の等級認定を受ける必要があります。

これを、後遺障害の等級認定といい、等級によって慰謝料や逸失利益の計算がされるため、等級認定が正確に行われていないと、受け取る慰謝料や賠償金の金額が大幅に変わってくる事もあるります。そのため、交通事故の後遺障害の等級認定は重要となります。