交通事故の後遺障害の認定相談は弁護士に

交通事故で怪我を負い、通院治療をしてもこれ以上回復が見られないという段階になると、後遺障害の等級を取得して、その等級に応じての損害賠償金の算出や慰謝料などが決定されます。

この後遺障害の認定によって、慰謝料や損害賠償額が大幅に変わってしまうケースもあるため、通院治療をしている段階から、しっかりと弁護士などに相談をしておくと、後遺症が残った時の、手続きなどがスムーズに行う事ができます。

特に、治療の段階から、回復の見込みなどある程度、医師から説明を受けた場合、その後どのような手続きで、慰謝料や損害賠償の請求を行うかを判断しないといけなくなります。

後遺症の診断書を作成してもらってから、弁護士に相談して、内容を精査してもらう事もできますが、治療の段階から弁護士にはやめに相談しておくと、安心して治療を進める事ができるので、様々なケースがありますが、交通事故の被害者になった段階で、早めに専門家である弁護士に相談事で、相手のペースで示談交渉を進める事なく、被害者として、正統な請求を行う事ができます。

弁護士費用なども、自分の加入している自動車保険や火災保険から降りるケースもあるため、まずは、損害保険会社に問い合わせをして、弁護士特約が使えるかどうかを確認しましょう。万が一の場合は、法テラスなどを利用して弁護士費用の分割払いを行う事もできるため、無料法律相談などを活用して、始めは確認してみるのもひとつ方法です。

被害者側が泣き寝いりしないように、交渉は同等の立場でできる専門家を建てるのが最善の方法といえます。そう考えると、弁護士に相談する事をためらわずに、まずは用法だけでも集める事から始めてみましょう。