交通事故の後遺障害の認定相談は弁護士に

交通事故で怪我を負い、通院治療をしてもこれ以上回復が見られないという段階になると、後遺障害の等級を取得して、その等級に応じての損害賠償金の算出や慰謝料などが決定されます。

この後遺障害の認定によって、慰謝料や損害賠償額が大幅に変わってしまうケースもあるため、通院治療をしている段階から、しっかりと弁護士などに相談をしておくと、後遺症が残った時の、手続きなどがスムーズに行う事ができます。

特に、治療の段階から、回復の見込みなどある程度、医師から説明を受けた場合、その後どのような手続きで、慰謝料や損害賠償の請求を行うかを判断しないといけなくなります。

後遺症の診断書を作成してもらってから、弁護士に相談して、内容を精査してもらう事もできますが、治療の段階から弁護士にはやめに相談しておくと、安心して治療を進める事ができるので、様々なケースがありますが、交通事故の被害者になった段階で、早めに専門家である弁護士に相談事で、相手のペースで示談交渉を進める事なく、被害者として、正統な請求を行う事ができます。

弁護士費用なども、自分の加入している自動車保険や火災保険から降りるケースもあるため、まずは、損害保険会社に問い合わせをして、弁護士特約が使えるかどうかを確認しましょう。万が一の場合は、法テラスなどを利用して弁護士費用の分割払いを行う事もできるため、無料法律相談などを活用して、始めは確認してみるのもひとつ方法です。

被害者側が泣き寝いりしないように、交渉は同等の立場でできる専門家を建てるのが最善の方法といえます。そう考えると、弁護士に相談する事をためらわずに、まずは用法だけでも集める事から始めてみましょう。

交通事故の後遺障害の等級認定とは

交通事故の被害に遭い、入院や通院をしていても、症状が中々治らず、これ以上回復が見込めないと判断され、治療が進展しなくなってくる事があります。こうなると、症状固定という診断が下りる事があり、症状固定となると、その後の通院や治療にかかった費用が、保険会社から降りなくなってしまい、その後の治療にかかる費用はすべて自己負担となります。

治療の進展が見込めなくなった場合、症状固定という診断がおりますがそうなった場合、保険会社からは治療費などの支払が打ち切りになります。そのため、まだ治療の余地があるという場合は、中々症状固定という診断には至りませんが、日ごろの診察からしっかりと医師とのコミュニケーションをとって、自分の症状を伝えておくことが重要です。しかし、症状固定となり、後遺症としてまだ痛みが残っていたり、耳が聞こえにくいなど、なんらかの後遺症が残っていて生活に支障を期待しているという場合、後遺症の診断書を作成してもらい、後遺障害の等級認定を受ける必要があります。

これを、後遺障害の等級認定といい、等級によって慰謝料や逸失利益の計算がされるため、等級認定が正確に行われていないと、受け取る慰謝料や賠償金の金額が大幅に変わってくる事もあるります。そのため、交通事故の後遺障害の等級認定は重要となります。

 

弁護士へすぐ相談!交通事故の後遺障害

日常生活の中で一番遭遇しやすい事故が、交通事故といえます。車に乗っている時はもちろん、街を歩いている時に、交通事故の被害者として、ケガを負い、入院や通院が必要となり、その後の生活にも支障をきたすなどの、後遺症が残ってしまうというケースもあります。

交通事故の被害者になった場合、相手方の代理人として保険会社や弁護士など事故の度合いにもよりますが、示談交渉を始め、通院後の後遺障害による慰謝料や損害賠償の支払いなどが行われます。

この時、被害者側は、交渉されるがままに受けてしまうと、実は慰謝料などの額が相場よりも低かったなど、後々後悔することになる場合もあるので、特に怪我を負った場合などは、しっかりと、代理人を立てて、相手方と交渉をすると、ケガの治療など段階から、その後の後遺障害認定についてなど、法的な手続きで泣き寝入りしないように話を進める事ができます。

特に、後遺障害の等級認定によって、慰謝料や損害賠償額が決まってくるため、後遺障害の等級認定の手続きは重要となります。

お医者さんの診断書の記載が適切かどうか、必要な検査を受けているかどうかの有無など、治療の段階からしっかりと、弁護士にアドバイスをもらっておくと、スムーズに手続きを進める事ができるので、交通事故被害にあった場合は、早めに弁護士を利用して、交渉を行う事が大切です。

弁護士費用に関しても、自分の加入している損害保険から弁護士費用がでる場合もあるので、事故にあった早い段階で弁護特約を使用できるのかどうかの確認を損害保険会社に確認しておくことも大切です。